So-net無料ブログ作成
検索選択

将棋 3度目の横歩取り 名人戦第3局(毎日新聞)

 羽生善治名人(39)に三浦弘行八段(36)が挑む第68期名人戦七番勝負(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛)の第3局が6日、千葉県野田市の同市民会館(旧茂木佐邸)で始まった。2連勝の羽生が勝って、3連覇に迫るか。名人初挑戦の三浦が踏ん張り、1勝を返すか。

 舞台は、しょうゆ醸造業を始めた茂木佐平治の邸宅だったところ。野田市は名人戦の開始を決断した関根金次郎十三世名人の出身地でもある。木村義雄十四世▽大山康晴十五世▽中原誠十六世▽谷川浩司十七世▽森内俊之十八世のあと、十九世名人の資格を得たのが羽生だ。

 戦型は第1、2局に続き、横歩取りとなった。4一玉(20手目)までは第1局と同じ局面。そこで三浦が3八金(第1局は8七歩)と手を変えると、羽生は飛車を8五ではなく8四へ引いた。解説の鈴木大介八段は「第1、2局よりは穏やかな進行になりそうです」と語った。【山村英樹】

【関連ニュース
将棋:久保王将「楽しみながら努力」 就位式に300人
将棋:羽生3連覇か、三浦初奪取か…8日から名人戦第1局
将棋:鋭い攻め 羽生が連勝 名人戦第2局
将棋:双方強気、最終盤の局面に 名人戦第2局
将棋:三浦の策に羽生長考 名人戦第2局

沖縄・奄美が梅雨入り 平年より2〜4日早く(産経新聞)
「政府に謝罪ない」=上海万博PR曲の盗作−政府答弁書(時事通信)
医療自己負担、上限4万円に軽減…来年度にも(読売新聞)
アカヤシオ ピンクの大波…三重・御在所岳(毎日新聞)
<志位委員長>普天間移設「無条件撤去を」 米で日本部長に(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。